丁寧なケア

手肌をしっかりと保湿するためには、ハンドクリームによる保湿ケアが重要だということはお伝えしました。 では、どのようにして、ハンドクリームによる保湿ケアを行えばいいのでしょうか?

ハンドクリームの塗り方のコツは、指先や爪も忘れずに、丁寧に保湿ケアしてあげるということです。

手肌のすみずみまで、やさしくいたわるような気持ちで、指先や爪にまで、しっかりとハンドクリームを塗るようにしましょう。

時間がたっぷりと取れるときには、指の一本一本を、うるおいで包むように意識し、爪や爪のまわりにも丁寧にハンドクリームをなじませてあげるようにしましょう。

また、保湿ケアをしている間に、手指のマッサージをしてあげるのも効果的です。 ハンドクリームを塗ってあげることで、手指がなめらかな状態になりますので、そのなめらかさを活かして、しっかりとマッサージしてあげましょう。

疲れた手指をほぐしてあげることで、気分的にも、リラックス効果を感じることができるのです。 指先までしっかりとめぐりを促し、爪や爪のまわりにも丁寧に水分と油分を与えることで、乾燥からくるささくれや爪の割れといった症状も防止できます。

手肌のケアでハンドクリームを活用する際は、しっかりと丁寧な気持ちで、お肌に塗りこんであげることが重要です。 すみずみまで行き渡らせるような気持ちで、丁寧にケアしてあげましょう。